Home > 200_CFDとは > CFD(Contract For Difference)とは

CFD(Contract For Difference)とは

CFDとは

CFDとは、Contract For Differenceの略語で、差金決済取引のことを指します。 FXが為替を対象とした差金決済取引なのに対して、CFDは世界の株価指数や個別銘柄、金や原油などの商品先物、債券など、様々なものに差金決済取引投資をすることができます。欧米ではすでにメジャーな投資手法として確立しおり、日本でもこれからますます活用されていくと考えられています。

全世界の多様な商品を扱える

CFDでは、株式、金やオイルなどの商品、インデックスや各種指数、債券価格など多様な商品のグローバルな取引を手間をかけることなく行えます。また、CFD取引の場合は、取引の際のアクセスも限られた時間内のみでなく、24時間世界中の市場にアクセスが可能なので、時差を気にする必要もなく、リアルタイムに売買取引を行うことが可能です。

差額決済が可能

CFD取引 が優れているのは、評価損失金額をカバーする証拠金さえ口座にあれば、差額売買が可能である点です。 これはFX (外国為替証拠金取引) の経験者ならピンとくるかと思います。 ※差金決済取引:少額の証拠金を預託し、有価証券や有価証券指数などを対象資産として取引する取引。

取引コストが低い

CFD取引は、取引コストを安く抑えることができるという大きなメリットがあります。インターネット専業の証券会社の誕生によって、以前と比べれば安い手数料で売買取引を行うことができるようになってきましたが、CFD取引では、それを更に下回るほどの手数料で安く売買取引を行うことができるのです。

Home > 200_CFDとは > CFD(Contract For Difference)とは

Return to page top